小さな部屋の3人暮らし

1LDK、43㎡のシンプルライフ奮闘記

1歳3ヶ月でトイレ成功した話と補助便座のこと

今日、自宅トイレで息子が大小ともに成功したので、その話をします。

※おむつなし育児やECはいっさいやっておらず、ごく普通に紙オムツでここまで育てています。
※息子は1歳3ヶ月目前でやっと自力で歩き出したくらいで、発達としては決して早くありません。「トイレの成功は発達の進み具合とはあまり関係がなく、偶然のタイミングによるところが大きい。そのタイミングを見抜いた保育士さんは神」というのが今回の結論になります。

 

トイレに座らせた経緯

火曜日に保育園のお迎えに行ったら、
「今日トイレで大小どちらもできましたよ!」と言われました。

え?
トイレトレーニングって2歳とかじゃないの?

青天の霹靂レベルでびっくり。

詳しく聞いてみると、
①お昼寝明けにオムツが濡れていなかったから試しに座らせたら小が出た。
②きばりだしたタイミングで座らせたら大が出た。
だそうで。

そこから水、木、金と、毎日2〜3回ずつトイレ成功しているようです。
初日にすごく褒められたのが嬉しかったらしく、「トイレ行こうか?」と先生に誘われるとルンルンでトイレに向かうらしい。

・出そうなとき(寝起き+オムツが濡れてない)を見計らって座らせる
・できたときに思いっきり褒める
ということがちょうどタイミングよくできたのでしょうね。
私ならまだ「試しに座らせる」発想すらなかった…
そのタイミングを見抜いてくださった保育士さんは偉大です。
ありがたや、ありがたや。

 

自宅での対応

さて、先生から「朝一番は出やすいのでぜひ家でも座らせてください」とのこと。
そこで焦った。
自宅に息子のトイトレ環境が一切ない。
慌ててオマルや補助便座を検討し始めました。

保育園では普通の洋式トイレを幼児サイズにしたような便器を使っています。
補助便座でよくある前ハンドルはない状態で、足は地面について踏ん張れます。
そこから考えて、前ハンドルがついた跨がるタイプではなく、普通の便座を小さくしたようなタイプを買うことにしました。
足がつくようにステップがいるかなとも思いましたが、それは補助便座だけで試してみてダメなようなら後から買えばいいか…と一旦購入せず。

リッチェルのポッティスがいいかなと最初は思いましたが、派手な色が気に入らなくて即決できず、いろいろ調べた結果ベビークラフトのごくシンプルな補助便座に決めました。
こういうの。
f:id:halminha:20170901220419j:image
画像からわかるとおり、ごくシンプル。フックにかけられる輪がついています。

 

f:id:halminha:20170901220429j:image
トイレの中に石膏ボード用フックで置き場所をつくってみました。
目立つんだけど、いずれ息子が自分で付け外しするようになることを想定して入り口近くの取りやすいところへ。



で、まずはちゃんと座れるか試そうと補助便座をセットし、ズボンとオムツを脱がせて座らせてみたら…なんと!出た!
まさか初回で成功するとは露ほども思っておらず、仰天&感激ですよ。
偶然うまいことタイミングが合ったのか、保育園のおかげでもう便座に座ると出る習慣になっているのか。
盛大に褒めました。息子はドヤ顔でした。

 

これからのこと

まだまだ1歳3ヶ月、発語もごく少ない状況で、自分で「出そう」「出た」と申告できるのはだいぶ先でしょうね。
なので、当面はオムツをとることは考えず、あくまでトイレで用を足すことに慣れるよう、出そうなときに座らせてみる感じでいこうと思います。
案外これで結局クラスで一番最後までオムツが取れなかったりしそうだ、我が家のマイペース男子は。